18インチ サマータイヤ セット【適応車種:NX(10系)】A-TECH シュナイダー スタッグ メタリックグレー 8.0Jx18プロクセス CF2 SUV 225/60R18


 >  > 18インチ サマータイヤ セット【適応車種:NX(10系)】A-TECH シュナイダー スタッグ メタリックグレー 8.0Jx18プロクセス CF2 SUV 225/60R18
披講(管理人選) 第133回 9月句会

 

3 名月や亡父の酒好き吾も好き フリージアの君
かつてふたりは月を見ながらお酒を酌み交わしたことがあったのかも、又は事情でそれは適わなかったのかも。どちらにしても、名月を通しての亡父を思う気持ちがよく出ている句です。強く惹かれました。「苦瓜の苦さ旨しと思ひけり」一見説明的ですが苦瓜の本質が出ています。これもよい句。

7 長船の刃文に映す秋の蔭 いさを
名刀、備前長船、その刃の文様です。鋭利さと透明感などなどが感じられます。ただ「秋の蔭」と安易に持ってきたのは内容がよいだけに惜しいです。ここを腸をしぼって感じ取る、これが俳句です。「秋茜一番ティーの風をよみ」なかなかの腕前と拝察。

シュナイダー スタッグ 8.0Jx18プロクセス サマータイヤ 225/60R18 セット【適応車種:NX(10系)】A-TECH 18インチ CF2 SUV メタリックグレー セット【適応車種:NX(10系)】A-TECH CF2

9 烏瓜の花は山姥編みしもの しゅん吉
烏瓜の花は五弁の花びらの先から糸の様なものが複雑に絡み合っていて、その全体が花をなしています。ある意味、奇妙、面妖な花でそれを「山姥編みしもの」と断定しているのです。山姥と良く合っています。新鮮な捉え方で惹かれました。「背の丈の空に一面秋桜」上五中七今ひとつ分からず。

14 蜻蛉来て庭の水やり少し待つ
蜻蛉が逃げ出さないように、戸惑わないように、水遣りを止めたのです。作者の優しさが出ています。地味ですがよい句です。「雨戸閉ざす昨夜より月の高くあり」雨戸を閉ざす時間は昨日と一緒なのだったのです。でも今宵の月の位置は違っているのですね。これも微妙なところをしっかりと捉えています。

15 段染の夕焼け富士の影黒し 汕山
「段染」は編み物で横段に異なった染め色を編んでゆくもの。「夕焼け富士」がこのようになっているのです。ユニークな捉え方。ただ「影黒し」はそれまでの美しさを台無しにしています。ここは推敲。「初唐黍を神にお供ふ我祖法」それがお宅に長く続いている作法なのでしょう。句はこれから。

19 手ぬぐいを広げて間引く貝割れ菜 あんあん
びっしりと芽生えてきた貝割れ菜を間引いてそれを手ぬぐいに乗せているのだと解しました。それは食用にするのでしょう。残ったのは大根として育てるのかな。句はしっかりと写生がなされています。「園児らのよちよち列の運動会」可愛いですね。中七はまだ推敲出来るかな。

21 登高や言葉捨つれば身も軽く 黒猫
中七下五と季語の関わりは大変面白いです。本来の「登高」の意味とは若干のズレはあるものの、捉え方が凄く新鮮。強く惹かれました。「秋の夜の画集重たし肩が凝る」「肩が凝る」までは如何でしょう。

24 神の杜庭師根方に三尺寝
木の根元での昼寝。いかにも庭師さんらしく、神の杜であっても、神様はお許しになるのでしょう。「友逝きて秋空ばかり見て居りぬ」作者なりに亡き友を忍んでいるのです。「秋空」はまずまず。

29 鰯雲高度を下げる大型機 秋羅
着陸態勢に入った飛行機でしょうか。鰯雲の下でどんどん高度を下げているのです。「大型機」は飛行機と分かりますが、やはりはっきりさせた方がよいかも知れません。「歯の立てる音も味わひ梨を食む」中七良いですね。

46 正調の父の木曾節衣被 風来
「衣被」皮付きの里芋を茹でたもの。塩を付けて食べる素朴な味のする食べ物です。それと上五中七は良く合っていますね。この句からその歌声が聞こえてきそうです。大変良い句です。「諸肌の女が坐る西瓜食ふ」「坐る」は女或いは西瓜に付くのか迷います前者だったら「坐り」

47 秋めく日そろばんの音小気味良く ゆきな
算盤の玉を打つ音は確かにリズミカルです。秋の感じと合っていますね。「白鷺が落穂拾いに纏い付き」白鷺は餌を拾っているのでしょう。新しい絵の「落ち穂拾い」。

50 至福なり黄金のランチ稲雀 酔竜
上五も、中七も明らかに言い過ぎです。「黄金田(こがねだ)を嬉々と飛び交ふ稲雀」などなど。「秋没日乗せ帆船の消へにけり」「乗せ」まではどうでしょう。「消え」もハッキリせず。尚「消へ」は「消え」です。

53 秋簾漂う雲のスライドショウ 湯煙
簾越しに雲を見ているのでしょう。雲が動いて形が変わって行くのを「スライドショウ」と言っているのかな。「秋簾越しに流れる雲を見る」と言った方向です PMC 【ピーエムシー】 YSS (ワイエスエス) Z366 330mm DYNA Family '91-'07 銀/赤 【116-3018501】。「白雲の浮きつ沈みつ秋の河」水面に映っている雲を詠んでいます。澄んだ水が出ています。ただ「沈み」はよくわかりませんでした。

56 銀杏を拾ひゆく人爆心地 翌檜
この爆心地は原爆が投下されたところです。往事と比べての復興、平和が出ています。よい句ですが、ただ私だったら「人」は省いて作るかな、と言う印象。「石叩き鳥獣保護区の石叩く」知的に纏めています。これもよい句。

60 庭に咲く花の名知らず末枯れる 月影
自ら植えた草花ではなく、野草なのでしょう。知らないままに枯れ初めているのです。「今生をもつれあいゆく赤とんぼ」中七の捉え方良いです。「今生」ね〜。私には言い過ぎのようにも。

62 いてふ黄葉新刊本の頁繰る 春亜
公園あたりでの読書でしょうか。事実をきちんと纏めています。 「潮干道魚網の匂ひ残暑かな」まだ整理が出来そうですよ。

71 肉厚きまま鶏頭の地に伏せる あづみ野
鶏頭が根こそぎに倒れていると解しましたが、それで良いのかな。それにしても「伏せる」が今ひとつピンと来ません。「肉厚きまま」が大変良いだけにさらなる推敲を。「走り蕎麦信濃の野趣のあふれたり」どこに野趣があふれているのか、第三者にはわからず。ここを具体的に述べなければ。

72 馬鹿騒ぎばかりのテレビ秋暑し たくみ
確かにゴールデンタイムのテレビにはこんな印象を持ちます。作者の批判精神が直裁的に出ている句ですが、私には違和感はありませんでした。「情念をまとふ夜風や風の盆」上五中七を評価する先生もいると思います。ですが私には理屈が先走っているかな、という印象。

73 父母眠る墓石に日傘差し掛けて カンナ
お墓を洗いに行かれたのでしょう。灼けた墓石に思わず「日傘差し掛け」たのです。素直な句ですが、作者らしい細やかさが感じられる句です。大向こうを唸らせるような俳句もありますが、こういうのも立派な俳句です。「張り付いて守宮はくの字厨ドア」よく見かける内容ですが写生は出来ています。

78 狗の子草揺らす短き風の丈 ぴっぴ
「短き風の丈」でその草の高さがわかります。詩的に表現しているところは立派。でも少し細かすぎるかな、と言う印象。「藍紙に墨なじみて白露かな」中七は打ち漏らしかも。色を三つ出しているのを褒める方もいるでしょうが、さてどうでしょう。

79 髪切って首に新涼確かむる
よく分かります。ただ「確かむる」は他に言い方がありそうな様な。でも捕らえているところは良いですね。「初鳴きの虫の居場所を探しけり」初鳴きだけに作者は好奇心を覚えたのです。しっかりした句です。

85 新蕎麦や幼馴じみと行き違う 伽羅
「新蕎麦」というと食べる蕎麦のこと、「行き違う」のですから「秋桜」などの方が自然ですね。「ペダル漕ぎ家路滑らか赤トンボ」感じは良いです。あと一歩の推敲を。

87 来ぬ人を待つおかしさよ夕月夜 釣月
恋句めいた雰囲気があります。「おかしさよ」と自らを客観的に凝視しているところ人生経験を積んだ方の恋かも知れません。句も「おかしさよ」で活きました。「捨て猫の怯える瞳秋時雨」出来ています。出来すぎている感じ。

90 夕風に色の波たつ花野かな 曉風
「色の波たつ」は良いですね。これで揺れながらの花野が出ています。美しすぎるきらいはあるますが、立派な一句と思いました。「秋澄むや疎水に映る天守閣」この句も出来ています。二句から写生の力量のある方と拝察しています。

92 秋旱あつけらかんと河馬沈む 橋本幹夫
動物園かな。「あつけらかん」にはやや違和感はありますが、全体からは説得力あります。イメージが湧いてきます。「葉月潮安芸の鳥居は朱に暮るる」「暮るる」は惜しいです。鳥居の朱ははっきり見えた方が良いのです。

94 完食のご馳走様をさわやかに
主婦としては美味しそうに完食してくれるのは嬉しいものなのでしょう。季語が活きています。「さわやかや医師の褒めたるダイエット」ダイエット成功、その秘訣を教えて頂きたいもの。

97 桃を剥くかすかな皺に爪たてて 柚子
桃は比較的皮が薄いです。皮を剥くのに繊細さが必要となります。それを中七下五で言い得ているのです。その微妙なところをしっかりと写生しています。しっかりしています。「木の実降る夜は獣の道ならむ」木の実だけに獣が活きています。

100 空席に座せば扇風機のうしろ 久敬
面白い捉え方。今時の扇風機はうるさくは無いのでしょうが、背中至近にあるのは風をもろに受けますし、気にもなるものです。ユニークさのある一句。「鳳仙花こえを揃へてよいとまけ」下五は肉体労働の共同作業のかけ声 ショウエイ(SHOEI) フルフェイスヘルメット Z-7 ブラック L 送料無料!。中七下五良いのですが季語効いていますか。

102 曹達水 昭和を啜る 少女あり まりを
今では曹達水など珍しいのでしょうね。少女が啜っているのを見て「昭和を啜る」と感じたのです。まだ纏められますが捉え方は良いです。「母呼べど こだま還らず 曼珠沙華」お亡くなりになったのかな、間違いでしたらお詫びします。(句文字の間は詰めてください)

114 山と積むビール空き缶秋暑し 軽騎兵
このビールの空き缶は業者の所に持って行けばなにがしかのお金になるようです。「山と積む」にその姿が見えるだけで無く、現代の歪みめいたものまで感じ取れます。季語と良く合っています。「御霊の声湧き出るごとく曼珠沙華」言葉は勝っていますが、感じは摑んでいます。

115 慕ひきし巴の塚に曼珠沙華 はづき
巴塚は倶利伽羅峠にあるようです。ただ「慕ひきし」は義仲のことか、作者が慕っているのかが曖昧。季語は巴塚とあっているので今一度の推敲を。「銃撃の文字に凍れる蛍草」イラクかで亡くなった女性記者を偲んでいるのかな。季語は亡くなった方に重ねているのでしょう。

116 残り蚊や線香燻る子規の庭 ぷち
子規庵はこんな心配りをしているんですね。原句でもいみはわかりますが私だったら「残り蚊に線香燻す」とするかな〜。「学舎に木の実降る音款款と」下五は「かんかん」と読むのでしょうか。作者なりの深い意味があるのかも知れませんが、ちょっと違和感。

117 甘藷掘りの園児の声の絶え間なく 良花
賑やかな甘藷掘り。ただ「絶え間なく」ではその賑やかさが出にくいかな、と言う印象です。「あの頃は生きる命のふかし甘藷」句意はよくわかるのですが「の」があることで説明に流れています。

118 月明り見入る狛犬陶づくり かずお
陶の狛犬が月を見ていると解しましたがそれで良いのかな。句はまだ整理出来そう。陶は要らないかも。「船だまり自転車も集ふ沙魚日和」事実をきちんと述べています PLOT ラウンドラジエータ本体 ガンメタ塗装 ストリート340X24X278 (品番 RRP01 )。

121 一族の誰も死なずに夏終わる 童子
この句が今年の夏とは限りませんが、そうだとしたら上五中七はより活きていきます。共感する方も多いのでは。リアルな表現で納得させられた句です。「ハンカチを振られて気づく別離かな」句に屈折感がありますね。この方の感性かな〜。

124 糸瓜忌に生まれしことを励みとす やち坊主
子規の忌日は九月十九日。この日に作者は生まれたのです。「吾こそは子規の生まれ変わり」なんてことは考えておられないでしょうが、何かの縁と思って俳句作りの「励みとす」としているのです。下五の謙虚さが良いです。作者にしか作れない句であり、よい句と思います RDmoto アールディーモト ガード・スライダー クラッシュスライダー・ガード(Crash sliders) アルマイトカラー:グリーンアルマイト スライダーベースカラー:ホワイト GSR600。「ひともとのいくつ別れて吾亦紅」吾亦紅の姿ですね。

126 泡一つ浮きはんざきの生を知る
動きの少ないオオサンショウウオを、泡ひとつ吐くことで生きていることを実感したのです。句意は分かりますが、下五はまだ表現法あり。「カーテンコール拍手幾度汗ばむ掌」力を込めての拍手なのです。

128 虫時雨猫己が身をなめ尽くす ぶんこ
虫時雨と猫とは何の関わりもありませんが、中七下五には惹かれるものがります。虫の声だけの静寂な室内が想像されます。私には良い句に思えました。「メール待つ耳そばだてる虫の音」この句も虫の音が微妙に効いています。両句とも上手いです。

133 秋の灯を連ねて列車川渡る 森野きのこ
秋の夜を列車が鉄橋を渡っているところ。「連ねて」が良いですね。「いわし雲群れて夜空を流れゆき」夜の鰯雲。「群れて」は不用。

134 草茂る主が病とうわさ聞く 岩ちゃん
内容はよく分かります。まだ引き締められそう。「銀やんま私の使いして欲しい」作者にご事情があるのかも知れません。句だけでみると、ちょっとしんどい。

142 一人の夜虫の声する閨の方 鉄腕アトム
「閨の方」は思い切っていますが、居間という感覚かと思われます。しっかりと詠まれています。「秋暑し二階の簾くたびれて」 この句も出来ています

144 父に似る人と行き交ふ秋日和 牛歩
作者の父はもうお亡くなりになっているのかも知れません。似た人と行き交って、ふっと昔を思い出すことと秋日和は合っています。何でも無い句ですが私には曳かれた一句です。「記念樹の桃より高き子の背丈」子の誕生で植えた記念樹かな。

147 定型の有無は問はずラ・フランス 宗太
「定型の有無は問はず」は形の善し悪しは問わないと言う意味でしょうね。新しい表現は良いのですが。今ひとつピンと来ませんでした。「良夜なり畳に松の影と在り」月光が差し込んでいるための影です。句は出来ています。

148 一踊りして菓子もらふ地蔵盆 やまめ
地蔵盆と盆踊りが一緒になっているのでしょう。参加者にはお菓子が出るのです。おもしろいところですが、わかりやすくするならば、地蔵盆よりも盆踊りの方が良いのでは。「夏乙女髪の生え際青きまで」中七下五の感性は素晴らしいです。句はまだ整理が足らず。

151 不器用に生きて夕餉の秋刀魚食ぶ 無庵
作者の人生観。ただ秋刀魚とこのような感慨はやや通俗的かな。「身振り良く目元涼しき秋刀魚買ふ」上五までは良いですが、中七までは如何でしょう。

155 単線の駅長優遊松手入れ 荷香
単線の駅長さんだけに時間的に余裕があるのです。その捉えているところは大変良いです。でも「優遊」は如何でしょう。駅長が松手入をしているだけで「優遊」の意味は内包していませんでしょうか。「マンション覆う修理の足場秋暑し」これもよい句です。多分作者はこの中にいるのかな。それがはっきりさせればより良くなります。

161 ちらと向き尾を振る猫や秋の風 海山
作者を慕っている猫なのかな。句はこれからですが見たままを丁寧に述べています。「会えばまた子諭さるる衣被」中七は「子に諭される」かな。季語は私にはピンと来ませんでした。

163 凌霄の落花で溢れ護美バケツ よせふ
凌霄花の落花はひとところによく散らばっています。「溢れ」で咲いていた凌霄の花の多さが窺えます。現実感のあるしっかりした一句です。「窯出しの土鈴秋思の容して」「秋思の容」は善し悪しの分かれるところ。

165 お休みと追立て夜長ほしいまま ヤチヨ
同じ部屋にいた家族を「おやすみなさい」と追い立てて、あとはご自分の自由な時間を過ごすのです。「夜長ほしいまま」は作者の時間なのです。よい句です。「スーパーの朝顔を買ひじょうろ買ふ」「如雨露」でこの句は活きました。

167 せはしなく寄りて離れて赤とんぼ 明彩
赤とんぼ同士か、作者と赤とんぼかがちょっと分かりにくいですが、取りあえずは作者との関係として鑑賞しました。「せはしなく」はいかにも赤とんぼらしいです。「近寄り離れ」では如何でしょう。「払暁に気配のありて秋澄めり」「払暁」は明け方のこと。まだ開けていない空を詠んでいます。これはよい句。

168 翡翠の一瞬の漁光ひき 風華
翡翠が水中の魚をめがけて飛び込み捕らえる瞬間を描写しています。「光曳き」が良いです。翡翠の色、早さが出ています。よい句です。「帰省家族帰してよりの手抜き食」これもつかみ所を心得ている句。

169 俳句読みなほかみしめる原爆忌 のるん
原爆忌の俳句なのでしょうが、このままではそれは分かりにくいかな。「衣被父子ともども喜べり」素朴な味を好むのは親子だからこそ。

170 古民家の庭に活きずく柿赤し 泥亀
その柿の木も年輪を経ているのかも知れません。古民家の歴史の一翼を担っていたのです。「秋の夜の木魚の音のリズム良し」静かな秋夜にその音はよく響いているのでしょう。

173 暑き日の雲の流れに葛の花 さつき
天と地と焦点が二つに分かれている感じです。季語が二つあってもかまいませんが、焦点は絞り込みたいもの。「秋刀魚焼き家族3人幸せ思う」感じはわかります。句はまだ絞り込めませんか。

174 更けゆくも声衰へぬ虫の秋
「更け」は夜が更けるか、秋が更けるか、迷いました。先ずそこを整理なさったらと感じました。「不揃いの棚田かたどる彼岸花」曼珠沙華の畦になっていて田を取り囲んでいるのです。上五に新しさがあります。

176 夜なべして黒字の筈を確かむる 朝歩
経営者は今期の収益がどのくらいかは帳簿を丹念に見なくともだいたいの目星はつくものです。ましてや黒字赤字などは掌握してるはず。しかし、それでも確かめて、黒字を確認したいのですね。それが責任を一身に負う事業家なのだと思います。事業に携わっている方ならばこの句は身にしみて分かるのでは。私は事業家ではありませんが、この句の良さはわかります。「黒文字を銜へつづける秋思かな」ここでの黒文字は楊枝のこと。句は上手いです。

178 炎昼や壁に貼り付く木々の影 草子
灼け壁に木々の影が貼り付くように感じられたのです。中七は強すぎるとは感じていますが、捉えているところは悪くはありません。「ゑのころをふりふり烏勘三郎」「烏勘三郎」は童歌のようです。

181 秋鯖と呼べば一気に秋らしく 未来予想図
鯖(夏の季語)自体は一年中変わらないのですが、産卵期又はあとの脂の乗りきった鯖を私たちは敢えて秋鯖と呼びます。「一気に秋らしく」は皮膚感覚よりも精神的側面が強いのだろうと思います。なるほど納得、合点した一句です。「女踊りの男踊りを割りにけり」阿波踊りでこんな所を見ましたが、複雑なことを端的に描写しています。どちらも魅力を覚えた句。

182 見極めの見事はづれて桃終はる 酒嫌い
桃の収穫が予想より少ない、或いは実が不味い、小さい、等でしょう。でもご本人はわかっても第三者にはわからないのです。 「庭つぶし枝豆各種俺の意地」「俺の意地」を省いて客観的に述べてみることです。

183 小舟めく編笠ほしや風の盆 眠兎
おわら風の盆の踊り手は確かに縦に長い笠を被ります。女性はその笠ですが男もそうだったかな。いずれにしてもその笠を小舟の形のようだと言っているのです。新しい見方です。ただ「ほしや」までいるかな〜「なまこ壁旅の果てなる新豆腐」事実だったんでしょうがポイントはぼけているようにも。

184 新米を一粒残さず頂けり 白梅
新米だけに美味しいでしょうし、又お米を大切にする心も出ています。中八が惜しいですがしっかりした句です。「三尾ずつ次々盛られ新秋刀魚」「三尾」が動かないかな。

185 芋煮の座眼鏡を拭いて加われり 山笑
芋煮会です。中七は湯気で曇ったためかも知れません。さあこれから頂くぞ、と言う感じが伝わって来る句です。「突如止む日暮らしの声師の忌日」ここでの蜩良いですね。よい句と思います。

191 合の手の入り向き変ふる盆踊り 万年青
盆踊りの様子を活写しています。これで充分ですが、私だったら「合の手の入りて踊の後ろ向く」と言うようなよりはっきりとさせるかも知れません「踊る手がライトアップの天守指す」これはしっかりしています。どちらもよい句とは思います。

192 見つめ合ひ九月の別れ惜しみけり 睦月
離れざるを得ない二人なのでしょう。「九月」は作者にとっては重い意味をなす月なのと推察されます。こういう句はこれで良いのだとは思います。ただ客観的に「九月」はもっと良い季語があるようには感じています。「椿の実ありし日探す館跡」櫓山荘跡のような。句は「椿の実」で切れます。出来ている句です。

18インチ サマータイヤ セット【適応車種:NX(10系)】A-TECH [H] シュナイダー スタッグ メタリックグレー 8.0Jx18プロクセス CF2 ガンメタ SUV 225/60R18

193 いろいろの朝顔の種どれも黒 丁字
朝顔の花は紺、赤等いろいろあります。しかし種は黒いのです。朝顔の原点に焦点を絞っているところ大変良いです。「色鳥の窓辺に主のなき机」ちょっと情緒的ですが、まとまってはいます。

198 盆おどり江州の地を踏み鳴らす 徹春
江州音頭で名高い滋賀県での盆踊り ヘッドライト Glossy Piano Black Dodge 09-17 Ram Replacement Halo LED Projector Headlights 光沢のあるピアノブラックドッジ09-17ラムの交換ハローLEDプロジェクターヘッドライト。「地を踏み鳴らす」が良いです 。踊りの様子が彷彿されます。

18インチ サマータイヤ セット【適応車種:NX(10系)】A-TECH シュナイダー スタッグ メタリックグレー 8.0Jx18プロクセス CF2 SUV 225/60R18【爆発的な人気】


16インチ サマータイヤ セット【適応車種:CR-Z(ZF1)】HOT STUFF Gスピード G02 メタリックブラック 6.5Jx16プロクセス CF2 195/55R16


18インチ サマータイヤ セット【適応車種:NX(10系)】A-TECH シュナイダー スタッグ メタリックグレー 8.0Jx18プロクセス CF2 SUV 225/60R18 柿本改 GTボックス06&S マフラー スクラムワゴン ABA-DG64W S44317 取付セット KAKIMOTO RACING 柿本 GTbox06&S スポーツマフラー【店頭受取対応商品】

↓↓↓L675S ミラココア シートカバー【ダティ】ミラ ココア L675S タイプ:X スペシャルコーデ (H24.04~) シートカバー EURO-LUX カラー:グレー;【純正】HONDA STEPWGN ホンダ ステップワゴン【RP1-120 RP2-120 RP3-120 RP4-120 RP3-620 RP5-105】  ハロゲンフォグライト(イエロー)【仕様は下記参照】[08V31-T5A-000/08V38-TAA-000/08V38-TAA-000A/08V37-T6A-000A];NAP ナップ イグニッションコイル 純正部品番号30521-RBJ-003 HCDI-1008 1個, OPTIMO(オプティモ) H426 195/60R16, 15マジェスタ エキゾーストキット / 排気セット【エイムゲイン】マジェスタ UZS151/JZS155 MUFFLER (片側出し) J-class 101φ×2 ストレート, 17インチ サマータイヤ セット【スイフトスポーツ(ZC33S)】MID RMP 016F ブラッシュド/フィニッシュ 7.0Jx17LEMANS V LM5 195/45R17, ings(イングス) Nスペック リアバンパー(ハイブリッド) DC5 インテグラ MC後;ケイブレイク マジェスタ 18 後期 PLATINUM フロントグリル 塗装済み 【エントリーでポイント5倍】165/55R15 Economist ATR-K エコノミスト ATR-K ATR-K SCHNEIDER Saber Rondo シュナイダー セイバーロンド サマータイヤホイール4本セット↓↓↓KRANZ(クランツ) ジガ・ベーシック GR452 リア用 ブレーキパッド/欧州車用/スキール音軽減/ブレーキダスト軽減, C24 セレナ ショック アブソーバー【カヤバ】セレナ C24 Lowfer Sports 01/12~ フロント 左右, 【送料無料】 充電制御車対応 バッテリー 日産 キャラバン M-VHGE24 用 AMS44B19L ACデルコ ACDelco メンテナンスフリー 充電制御対応 AMS NISSAN ニッサン 車 車用 44B19L カーバッテリー バッテリートラブル バッテリー上がり, CUSCO (クスコ) ストラットバー Type AS マツダ ファミリア BG6S 89.3 - 94.5 タワーバー [415 510 A], 【R40 ICONIX アイコニックス】20個入り■メビウス/ダイハツ■M12×P1.5■Kics Racing CompositeR40 レーシングコンポジットR40 ロック&ナットセットブラック/黒【RIA-11K】

ミニカバン ダウンサス H42V H10/10~23/7 2WD エスペリア/ESPELIR (ESB-729

↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

プロジェクトμ ブレーキパッド HC-CS リア用 セルボモード CN31S/32S・ CP32S 91.9~ プロジェクトミュー, 15インチ サマータイヤ セット【適応車種:スペーシア(MK42S系)】ENKEI オール オールエイト 4S MMB 5.0Jx15エナセーブ EC202L 165/55R15, プロジェクトμ RACING-N+ アトレー S220V/S230V 00.5~ フロント用, 【CHRYSLER用】 純正交換用バージョンアップ プロジェクターフォグ CHRYSLER フォグ LinksAuto光量+90UP 耐久性史上最強 ! HIDキット LEDキット イカリング別売, 【メーカー在庫あり】 ACパフォーマンスライン AC-PERFORMANCELINE フロントブレーキホース KZ1300 メッキ/スモーク 32171010S HD店

【イベント開催中!】 KAPPA カッパ バッグ・ボックス類取り付けステー PIASTRA X HONDA FORZA 250 X/EX リアラック Forza 250 X / EX (08-12);NCP90 ヴィッツ LSD【クスコ】ヴィッツ NCP91 (00.10~) MT LSD フロント 標準デフ:オープンデフ Type MZ 1.5WAY(1&1.5WAY) HELM HELLAS社 HELM ニコ 26号ドアハンガー用ガイドローラー 26HE-GRL JP リア ハブベアリング 左右(2個セット) ヴィッツ NCP10、NCP13 ハブ WBH-102S 純正42450-52021;【Dotty】 LUXUR シートカバー 1台分 ルクラ (4人乗り)にお勧め! DBA(CBA)-L455F(L465F)系 H23/07→H24/05 品番:8071

★SilkBlazeシルクブレイズ★ミニバンリップシリーズ30系アルファード前期フロント/リアスポイラーセット Type-Sバックフォグ有り[単色塗装][代引き決済不可]※送料無料対象外(ショップ、業者への発送は送料半額!);Bellezza ベレッツァ シートカバー ワイルドステッチDX AZワゴンカスタムスタイル MJ23S H24/5~H24/11 ブラック×ブラック

。「飛び石に歩幅の合はぬ七五三」まだ幼いために一歩が踏み石に合わないのです。どちらの句も具象がはっきりしていて大変良い句と思いました。

199 夕蝉の鳴き継ぎこの樹にて止まる 勇魚
一蟬が木を鳴き渡っているのです。そして作者近くのこの木に来たのですが、ここでは鳴かなかった。と言う事かと一応解しました。経過を正確に表現しています。「秋夕焼飛行機雲の金一筋」きれいすぎるきらいはありそうです。

202 湯ざめしてなほ探しをるめがねかな 邦生
目の悪い方にとって眼鏡は必需品。無いと浴室から出るにしても不自由を覚えます。眼鏡の私なんかは強く共感を覚えました。ただ中七あたりはまだ引き締められそうな印象は持っています。「少しづつそして一気に秋出水」出水とはこんな感じでしょうね。

203 敬はれ会釈で返す秋の昼 たつを
先生なのかも知れません。よくある光景ですが、先方は「先生!」とでも大声で呼び止めたのでしょう。一応はまとまっています。「鯵肥えて箱で売らるる浜の秋」「肥えて」が何か説明的。

204 蝗太し鉢植えの葉の穴だらけ 秋桜
蝗に喰い荒らされている鉢植え。「太し」まではどうでしょう。私だったら「蝗飛ぶ」あたりに抑えますが。「秋出水図書館新聞敷きつめて」事実をきちんと詠んでいます。

207 爽やかや下駄に素足の十指伸び 洋梨
素足だけに下駄の木の感触が伝わって来ます。下五でそれが感じられますね。季語は素足だけで作れそうな感じもしましたが。「二区画の実り田残し造成す」本来ならば辺り一面田んぼだったのです。それが時代の変化によって、二区画の田んぼになったのでした。この稔り田は印象鮮明。

215 封印の胸底ゑぐる鹿の声
胸中にしまっておかねばならぬ事があるのです。それを鹿のあの甲高い鳴き声によって引き出されようとしているのです。主情的句ですが、ここでの「鹿の声」は活きています。中七の表現は秀逸。強く惹かれました。「いわし雲舳先揃へし漁り船」写生のしっかりなされているこれもよい句。

218 露天湯の足で壊せし居待月 純代
中七は秀逸。「居待ち月」では無くともいいかな、とは思いましたが、座りは良さそうですね。「無駄とても美顔して見る汀女の忌」上五中七は面白いのですが「汀女の忌」はピンと来るものがあるんでしょうね。この方の句にはあんまり縁が無いんで分かり兼ねています。

225 月夜の歌碑さまよう風に面晒し 灌木
感覚としては悪くは無いのです。でも中七下五は言葉だけが勝っている感じで実感としては薄いものがあります。「錦木や心に立つる忍ぶ恋」能「錦木」から取ったのかも。

 

第133回 9月句会 披講(管理人選)

{yahoojp} {yudoufu.ginga100.com}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-86309