2012.01.25SEO記事一覧

ATE製フロントブレーキローター ベンツ W124 Eクラス 260E 124026用

この記事をご覧いただいている皆様へ。
このページは、SEO情報ブログ「ディーエムソリューションズの社員が作った、【SEOまとめ】」にて公開されていた記事であり ■DIXCEL(ディクセル) Kei HN22S (TURBO) Kei 02/11~ フロント ブレーキパッド M タイプ、

ATE製フロントブレーキローター ベンツ W124 Eクラス 260E 124026用

ATE製 輸入車用 フロントブレーキローター【左右】
■欧州車・輸入車向けのブレーキパーツを低価格でご用意しました!!

■車種:メルセデスベンツ(Mercedes Benz)W124
■車名:
◇車両型式:124026
排気量【グレード等】:2.6L
参考年式:1987~1992


●品番/管理番号:A422123/BR0505N


カー用品・自動車部品 各種取り扱い御座います!
◎商品の適合や在庫・ご不明な点など、お気軽にお問合せ下さい。
☆ご希望の車種の適合品番をご案内します☆
※車検証の車台番号/型式指定番号/類別区分番号をお知らせ願います。
メールアドレス:[email protected]


■特 徴
整備現場等でも採用される、信頼のメーカー

マッチングの複雑なブレーキ類を、
  車両に合わせてご用意いたしました!

輸入車向けのブレーキパーツを低価格でご提供!
         外国産車オーナーの方は必見です☆
※設定品番の都合により一部車種、採用メーカーが異なる場合がございます。上記適合表のメーカー欄をご参照下さい。

●優れた材質の採用により、
  耐熱性、耐摩耗性、耐圧性能を確保。
純正同等の品質で、快適なフィーリング
           安定した制動力を発揮します。

◎マシントラブルを起こす前に!
ブレーキ類は消耗・劣化します。
適切なタイミングで、点検・交換をお勧めします。

※車種により適合品番が多く、複雑な場合がございます。
 適合詳細は、メールにてお問い合わせください。
☆国産車用パーツ各種取扱ございます。
※適合・マッチング・価格など、ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

、2014年12月にデジタルマーケティング研究所へ統合されました。

先日Googleウェブマスター向け公式ブログにて、ドアウェイページ(誘導ページ ・・・ 一部キーワードを書き換えただけのページを量産したり、品質の低いブログなどをたくさん作っていろんなキーワードから本サイトに誘導しようとすること)はガイドライン違反である、という記事が投稿されました。
誘導ページ(Doorway Page)はガイドライン違反です(Googleウェブマスター向け公式ブログ)

私がお客様のサイトを直しているときも、いかにも後付で作られたと思われるサブディレクトリの中に市町村区の地域名だけを入れ替えた誘導ページが設置されているのを時々みることがあります。提案する側もお客様のために、と考えての施策かもしれませんが、こういった手法を採用してしまわないように気を付けたいものです。

ATE製フロントブレーキローター ベンツ W124 Eクラス 260E LE-03 124026用 RACING777

さて、昨年12月、当社で購入したとあるドメインにコンテンツを載せて、ウェブマスターツールに登録したときのことです。
ダッシュボードを確認すると、以下のような警告メッセージが届いていました。

意外とご存じない方も多いのですが 【バタフライシステム】モノグラムダッシュマット モノグラム ダッシュマット【TOYOTA車用】 モノグラムオレンジ ヴェルファイア&ハイブリッド 【ANH/MNH20系 H20.05~】センタースピーカー有、ウェブマスターツールは登録した際に未読のメッセージがあると過去をさかのぼって受信してくれます。このメッセージは昨年8月に送信されたもののようです。前のオーナーは結構ブラックな使い方をしていたみたいですね。
念の為、サイトオーナーとコンテンツが変わっている旨、再審査をリクエストしておきました。

「スパミーなドメインを掴まされてしまったな~」と自分の調査不足を悔やむと同時に、ドアウェイページはスパムとは知らずに設置してしまう方も多そうですので 、これは中々良い進化だなとも思いました。ウェブマスターツールがどんどん親切になっていきますね。

 
2019年 最新版 SEOセルフチェックリスト 無料プレゼント!
 
年間何百ものWebサイトを確認している当社でも、内部施策SEOが完璧にできているというサイトを見たことがありません。内部施策SEOに漏れがあるということは、自分でできることをやっていないということであり、それだけで機会損失を発生させている可能性があります。本書では データシステム UTA576【smtb-s】、ご自身でセルフチェックと修正ができるよう、Googleが推奨する内部施策SEOのうち、重要なポイントをかいつまんでご紹介しております。
ダウンロードはこちら
The following two tabs change content below.

片川 創太
2014年12月までディーエムソリューションズ株式会社SEO対策チームに所属。「SEOは実装」を信条に、コミュニケーションを重視するスタイルで数多くのサイトのコンサルティングを手がける。内部施策に関して造詣が深く、「SEOまとめ」というtwitterアカウントを通じて日々情報発信を続けている。 Twitter: SEOまとめ

>最新記事 by 片川 創太 (全て見る)