>  > FZ-1 フェザー 06-12 メッシュ ブレーキホース フロント スモーク ステンレス T1タイプ ビルドアライン グッドリッジ 20631463S メッシュブレーキホース FZ-1 フェザー 06-12

JavaでURLエンコード/デコードする方法と注意点

投稿者 : OSCA

初心者でも参加できる「WEBエンジニア勉強会 #13」(東京都,渋谷)、05月24日(金) に開催! 詳しくはイベント詳細ページをご覧ください。

 本稿では Java 言語を用いて文字列をURLエンコード/デコードする方法について解説します。 また URL エンコードにおける注意点についても解説します 。

FZ-1 フェザー 06-12 メッシュ ブレーキホース フロント ホワイト スモーク ステンレス T1タイプ ビルドアライン グッドリッジ MODEL 20631463S メッシュブレーキホース FZ-1 フェザー 06-12

 まずは Java で利用できる主な URL エンコードクラスを整理します 送料無料 ヨコハマ DNA エコス ECOS ES300 285/30R20 285/30-20 W   2本 バルブ付 コルベット C7 ポルシェ BMW フェラーリ マセラティ。 次の2つから選択すれば良いでしょう。

  1. java.net.URLEncoder / URLDecoder (Java標準)
  2. Apache Commons Codec の URLCodec クラス

java.net.URLEncoder / URLDecoder を利用する例

 Java 標準の java.net.URLEncoder と java.net.URLDecoder を利用する場合は、次のようにプログラムを書きます UVカット IRカット フィルム 3M スリーエム 製 クリア リアドア NISSAN 日産 NV350 キャラバン スーパーロング5ドア H24/6~仕様変更 CS4E26 N011-32M 車種別 カット済み フィルム貼り 張替 ポイント消化。

String target = "テストメッセージ";

// エンコードの例
String encodedResult = URLEncoder.encode(target, "UTF-8");
System.out.println("エンコード結果:" + encodedResult);

// デコードの例
String decodedResult = URLDecoder.decode(encodedResult, "UTF-8");
System.out.println("デコード結果:" + decodedResult);

実行結果は次の通りです。

エンコード結果:%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B8
デコード結果:テストメッセージ

Apache Commons Codec の URLCodec を利用する例

 Apache Commons Codec の URLCodec クラスを利用する場合は、次のようにプログラムを書きます。

URLCodec codec = new URLCodec("UTF-8");
String target = "テストメッセージ";

// エンコードの例
String encodedResult = codec.encode(target, "UTF-8");
System.out.println("エンコード結果:" + encodedResult);

// デコードの例
String decodedResult = codec.decode(encodedResult, "UTF-8");
System.out.println("デコード結果:" + decodedResult);

実行結果は次の通りです。

エンコード結果:%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B8
デコード結果:テストメッセージ

どちらを利用するか?

 筆者の見解としては、Apache Commons Codec の URLCodec を利用する方が経験上は良いかな思っています。 理由としては次のことがあります RCX Gatlin Chrome スリップオンマフラー クローム。

  • Shift_JIS などの文字コードの URL エンコード/デコードが正しく処理できる。
    (Java 標準の URLEncoder, URLDecoder で Shift_JIS の文字列が上手く処理できない問題はググるとたくさん出てくる)

URLエンコードには落とし穴があるぞ!

 さて、実はここが本題です。 開発者の間で「このパラメータは、URLエンコードしてね」と意思疎通をとったつもりでも、いざ動かしてみると問題が発生する「落とし穴」があります。 ここではその「落とし穴」について掘り下げてみようと思います 16インチ サマータイヤ セット【適応車種:フレアワゴン(MM32S)】WEDS レオニス FY ハイパーシルバーミラーカットIII 5.0Jx16トランパス LUK 165/45R16。

 URL エンコードにも様々な”方言”があります。 方言の違いにより、メッセージが上手く解釈されない場合があります。 Java 言語でのURLエンコード処理では「*」「-」「_」の3つの記号が変換されません。 また、半角スペースは「+」に置き換わります。 これは不具合という訳ではなく、そういうルールのURLエンコードなのです。 URLDecoder についてもその仕様に則ってデコードします。

 構築するシステム全体がこのルールに則っていれば何ら問題は発生しませんが、問題が生じやすいのは開発言語をまたいで URL エンコードされた文字列を処理する場合です。 例えば JavaScript の URL エンコード処理では、半角スペースは「%20」に置き換わります。 また JavaScript の encodeURI 関数では「;/?:@&=+$-_!~*.,()#’」の記号がエンコードされません。 フロントサイドに JavaScript を多用する昨今、JavaScript で生成したエンコード文字列を Java で処理する、またその逆の場合においても、エンコード/デコードが上手くいかなくなることは、良く起こりがちな問題です。

 環境や言語を踏まえて、設計の段階でどのURLエンコードルールに合わせるのかを明確にしておくことが重要です。

おわりに

 本稿では Java 言語における URL エンコードについて解説しました。 後半で述べた「落とし穴」にハマらないように注意して設計をしてください 永井電子/ULTRA ブルーポイントパワープラグコード トヨタ カリーナ(FF) E-ST195 3S-FE 2000cc 1992年08月~1996年08月。

Java環境構築へ戻る

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-67548