矢沢永吉の渋さ

~ toshiya1048wp1『バモス』 純正 HM1 HM2 防水シートカバー パーツ ホンダ純正部品 座席カバー 汚れ シート保護 vamos オプション アクセサリー 用品 ~ コメントを残す
広告

矢沢永吉 アルバム Only One についての考察

~ toshiya1048wp115インチミラL250、260系WEDS ライツレー ゼファイスX マシニングブラック 4.5Jx15エコピア PZ-XC 165/50R15 ~ コメントを残す

ONLY ONE

移動先: 案内、 検索

曖昧さ回避 この項目では、矢沢永吉のアルバムについて説明しています。その他の用法については「オンリーワン」をご覧ください。

『ONLY ONE』

矢沢永吉 の スタジオ・アルバム

リリース
2005年9月14日

ジャンル
J-POP
ROCK

時間
44分42秒

レーベル
Capitol Music/東芝EMI

チャート最高順位

4位(オリコン)

矢沢永吉 年表

横顔
(2004年) ONLY ONE
(2005年) ROCK’N’ROLL
(2009年)

『ONLY ONE』収録のシングル

1.「ONLY ONE」
リリース: 2005年8月24日

テンプレートを表示

『ONLY ONE』(オンリー・ワン)は、矢沢永吉の30枚目のアルバム。

内容[編集]
ソロデビュー30周年を迎えた矢沢永吉のアルバム。前作『横顔』から約1年ぶりのリリース。リリース日は自身の56歳の誕生日である。
初回盤には「ONLY ONE」のPV及びメイキングを収録したDVDが付いている。
2011年7月6日、本作のリミックスアルバムとなる『ONLY ONE ~touch up~』が発売された。同作品はリミックスのほか、「白い影」「GO FOR IT!(やっちまえ!)」の2曲がカットされ、また「Be somebody」と「面影」の曲順が入れ替わっている。

収録曲[編集]

全作曲:矢沢永吉
1.ONLY ONE 作詞:加藤ひさし
50thシングルであり、このアルバムの先行シングル
2.白い影 作詞:谷中敦

3.パンチドランカー 作詞:高橋研

4.トワイライトにひとり 作詞:加藤ひさし

5.欲望の嵐 作詞:高橋研

6.Sweet Winter 作詞:響真理奈

7.居場所 作詞:加藤ひさし

8.真昼 作詞:谷中敦

9.Be somebody 作詞:谷中敦

10.GO FOR IT!(やっちまえ!) 作詞:ちあき哲也

11.面影 作詞:響真理奈
シングル「ONLY ONE」のカップリング

自分はマイナス思考だ。

試合中はいつも最悪の事態を想定している。

ここで打たれたら?ここでもし怪我をしたら?ここで三振したら?ここでゲッツーだったら?

次は誰が行く?次はどの作戦で手を打つ?

いつもマイナスにマイナスに考えている。

だからなにがあっても動じない。

ホームラン打たれた。だろーな。よし、次は…。

ホームラン打ったよ。ラッキー。よし、次は… フィット ハイブリッド GP5/GP6 リアバンパーカバー / リアハーフ【ムゲン】フィット ハイブリッド GP5 リアアンダースポイラー メーカー塗装 2トーンカラード仕上げ ツヤ消しブラック塗装×ティンテッドシルバー・メタリック(NH823M)。

ただこれだけで済む。

自分が焦らないためにマイナス思考になってる。

けど、時々プラス思考になっている。

ホームラン打たねーかなー。三振とらねーかなー。ゲッツーとらねーかなー。

これが次の手を考えてない時。

次の手を考える必要がない時。

実際そんな時はない。けど、点差開いて、後はなにがあっても転ばねーだろーなーって時はそんな期待しながら試合を見てる。

時々楽観的になると、試合がまったく別物に見える時がある。

それはそれで面白い。

けど、結局、マイナス思考の部分が出てくる。

焦らない。焦ってる姿を見せたくない Chevrolet シボレーコルベット C6 年式05.2- 型式X245 純正交換HID D1S 2nd最新PLUS LinksAuto最強HID 超大光量+50UP 色温度4300k 6000K 8000k選べます 金属台座 車検適合 1年保証 2本セット 新品 税込 送料無料。

サングラス越しに選手を観察してる。

チームの選手のことは誰よりもよく見てるつもりだ。

目線がバレないようにサングラスをかける。

それがマイナス思考。

見てても構わない。

けど、見てるところを見られたくない。

考えている Biot 【ビオ】 ブレーキオフセットキットスカイラインGT-R BNR32 (V-spec),BCNR332ピース ビックローター キット 「フロント」。

けど、考えていることを悟られたくない。

俺の野球は誰よりも緻密で繊細だ。

次の一手がどーなるかは、俺の予想内でしか起きないようにしたい。

バントのサイン出しても成功するとは思ってない。

失敗したら次はこうだな。

成功したら打たせればいいだけ。考えなくてもわかる。

失敗した時を考えておかないと、いざ失敗した時焦るから嫌だ。

だから、常にマイナス思考。

それを選手達は怖いという。

怖くて結構。

楽観的な監督ほど怖くない存在はいない。

悲観的に物事を見ないとダメ。非情になれる時がないとダメ。

そんな立場の人間はマイナス思考でいいんだと思う。SHOEI FREEDOM (フリーダム) ブラック XL (61cm)【smtb-s】

矢沢永吉 アルバム subway express 2 についての考察

~ toshiya1048wp1 ~ コメントを残す

『SUBWAY EXPRESS 2』(サブウェイ・エクスプレス 2)は、矢沢永吉の2枚目のセルフカバー・アルバム。2002年9月4日発売。

概要[編集]
『SUBWAY EXPRESS』から4年ぶりとなるセルフカヴァーアルバム。
初回生産限定盤としてアナログ盤がリリースされた。

収録曲[編集]
1.あの娘と暮らせない
2.I SAY GOOD-BYE,SO GOOD-BYE
3.ワン・ナイト・ショー
4.気ままなロックン・ローラー
5.時間よ止まれ
6.夏のフォトグラフ
7.Hey Diana
8.ボーイ
9.真っ赤なフィアット
10.鎖を引きちぎれ
11.過ぎてゆくすべてに

『SUBWAY EXPRESS』(サブウェイ・エクスプレス)は、矢沢永吉のセルフカバー・アルバム。1998年9月9日発売。

収録曲[編集]
1.馬鹿もほどほどに
2.黒く塗りつぶせ
3.兄貴に相談
4.ライフ・イズ・ヴェイン
5.サブウェイ特急
6.バイ・バイ・サンキュー・ガール
7.チャイナタウン
8.古いラヴ・レター
9.ガラスの街
10.世話がやけるぜ
11.燃えるサンセット
12.アップタイト
13.親友
14.セクシー・キャット

「☆E.YAZAWA MUSIC☆普遍的に良いよ!!」
当方、元祖矢沢さん世代ではありませんが、第3期’88~(旧EMI)“共犯者”より他に類をみない「強くカッコイイ男感の矢沢節」に徐々に惹かれ、飽き無い曲の良さや魅力的で上手い歌唱力など高い音楽性から愛聴化していきました。

第2期’80~(ワーナー)も、遡りアルバムの各曲の良さを確認し同じ様に愛聴化していきました。個人的にはアルバム聴き込めばP.m.9以降は全曲外せない印象です。(元祖 永チャン世代の御先輩方は、全アルバムOK!…と思われます。m(. .)m )

第1期’75~(SONY)は、心に染みる良い原曲が多くあるとLIVE VIDEOで知っていたのすが、編曲(アレンジ)の時代性もありCDアルバムでは異なった印象で収集には至りませんでした。
しかし、「SUBWAY EXpressシリーズ 1・2」では本来の曲の良さがCDアルバムでも十二分に堪能出来て、第1期矢沢’70’sとして愛聴盤に加わりました。…その後、オリジナルGREAT OF ALLなど聴くと、成りあがり矢沢少年期思い出し何か懐しいオールデイズみたいで哀愁漂い良いです…。(参考:70’s曲は、DVD SUBWAY EXPRESS LIVE IN HOUSE オススメ …)

最近、認識するのは“高倉健さん”仰っていた「日々の生き様(日常の生活・心構え)が作品に表れる!」が、矢沢さんがこれまでブレずに改革~切り拓いてきた道に表れている様に、「真直ぐ・強く・ピュアで情熱的な男の人生が、唄声・曲・LIVEパフォーマンスに表れ魅力的」なのではないかと思いました。また、同じ様に「いつの時代も共感し続けている“ブレ無いファンの方達”が居る」事も互いに相乗効果を生み“矢沢音楽の普遍的良さ”に繋がっているのかなと思いました。

友人に誘われて初めて観た大阪城ホールでのサブウェイ特急ツアーのライブでハマリました。歌唱力、演出、またお約束の客席のタオル投げ!大人が盛り上がるには最高のパフォーマンスでした!!!このアルバムは70年代の才気溢れる矢沢の楽曲が最新のサウンドと歌声で蘇えりました。「黒く塗りつぶせ」、「馬鹿もほどほどに」など名曲が沁みる。「親友」というバラードも聴かせます。

1998 SUBWAY EXPRESS EIKICHI YAZAWA CONSERT TOUR

2017-01-18 07:00:57
テーマ:セットリスト・バンドメンバー

矢沢永吉のコンサートツアーの記録を再投稿しています。

矢沢永吉コンサートツアー ヒストリー
BRUTUS 2010/3/1 矢沢永吉 日本武道館107回の記録

1998年はセルフカバーのサブウェイ特急がリリースされました。ソロになってからの初期の頃の曲をアレンジし直してます。

オリジナルアルバムはなし。サブウェイのパート2が2002年になります。

矢沢永吉は49歳。ツアー前半はライブハウス、後半はホールツアーでした。

1998/12/11 日本武道館

1.夜間飛行
2.TAKE IT TIME
3.せめてダンシング
4.ゴールドラッシュ
5.傘
6.世話がやけるぜ
7.このまま
8.黒く塗りつぶせ
9.キャンディ
10.セクシー・キャット
11.チャイナタウン
12.I LOVE YOU,OK
13.SUBWAY EXPRESS
14.バイバイ・サンキュー・ガール
15.アップタイト
16.ガラスの街
17.M3/4
18.鎖をひきちぎれ
19.回転扉

アンコール
20.Anytime Woman
21.トラベリン・バス
22.ルイジアンナ

1998/9/25 クラブチッタ川崎
1.馬鹿もほどほどに
2.Riskey Love
3.キャンディ
4.WILD HEART
5.兄貴に相談
6.ライフ・イズ・ヴェイン
7.SUBWAY EXPRESS
8.バイバイ・サンキュー・ガール
9.チャイナタウン
10.ガラスの街
11.世話がやけるぜ
12.燃えるサンセット
13.鎖をひきちぎれ
14.アップタイト
15.親友
16.セクシー・キャット

アンコール
17.黒く塗りつぶせ

JIM WILLIAMS     (Guitar)
MILTON MCDONARD (Guitar)
ED POOLE        (Bass)
GEOFF DUGMORE   (Drums)
GEORGE McFARLANE (Keyboard)
NEIL PALMER      (Keyboard)
ZEITIA MASSIAH    (Chorus)
RICHARD WAYLAR   (Chorus)
MELANIE LEWIS     (Chorus)
IAN KIRKHAM      (Sax)

SUBWAY EXPRESS EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 1998
1998/9/25~12/12

1 9/25 クラブチッタ川崎
2 9/26 クラブチッタ川崎
3 9/28 クラブチッタ川崎
4 9/29 クラブチッタ川崎
5 10/1 新潟フェイズ
6 10/2 新潟フェイズ
7 10/4 神戸チキンジョージ
8 10/5 神戸チキンジョージ
9 10/7 神戸チキンジョージ
10 10/8 神戸チキンジョージ
11 10/10 高松オリーブホール
12 10/11 高松オリーブホール
13 10/13 高知キャラバンサライ
14 10/14 高知キャラバンサライ
15 10/16 大阪クラブクアトロ
16 10/17 大阪クラブクアトロ
17 10/19 大阪クラブクアトロ
18 10/20 大阪クラブクアトロ
19 10/22 名古屋クラブクアトロ
20 10/23 名古屋クラブクアトロ
21 10/25 名古屋クラブクアトロ
22 10/26 名古屋クラブクアトロ
23 10/28 仙台ビーブベースメントシアター
24 10/29 仙台ビーブベースメントシアター
25 10/31 仙台ビーブベースメントシアター
26 11/1 仙台ビーブベースメントシアター
27 11/6 福岡ドラムロゴス
28 11/7 長崎市公会堂
29 11/9 宮崎市民文化ホール
30 11/10 熊本市民会館
31 11/12 広島厚生年金会館
32 11/14 八戸市公会堂
33 11/15 水沢市文化会館Zホール
34 11/17 真駒内アイスアリーナ
35 11/18 真駒内アイスアリーナ
36 11/20 桐生市市民文化会館シルクホール
37 11/21 愛知県豊橋勤労福祉会館
38 11/23 石川厚生年金会館
39 11/24 富山オーバード・ホール
40 11/25 上越文化会館
41 11/28 大阪城ホール
42 11/29 大阪城ホール
43 12/1 名古屋レインボーホール
44 12/2 名古屋レインボーホール
45 12/4 福岡国際センター
46 12/5 福岡国際センター
47 12/7 日本武道館
48 12/8 日本武道館
49 12/10 日本武道館
50 12/11 日本武道館
51 12/12 日本武道館

1998 SUBWAY EXPRESS EIKICHI YAZAWA CONSERT TOUR

1998/12/10 日本武道館

1998/12/7 日本武道館

1998/12/2 名古屋レインボーホール

1998/12/1 名古屋レインボーホール

1998/11/28 大阪城ホール

1998/11/28 大阪城ホール

1998/11/24 富山オーバード・ホール

1998/11/18 真駒内アイスアリーナ

1998/11/12 広島郵便貯金会館

1998/11/7 長崎市公会堂

1998/11/1 仙台ビーブベースメントシアター

1998/10/25 名古屋クラブ・クワトロ

1998/10/20 大阪クラブ・クワトロ

1998/10/19 大阪クラブ・クワトロ

1998/10/17 大阪クラブ・クワトロ

1998/10/16 大阪クラブ・クワトロ

1998/10/11 高松オリーブホール

1998/10/8 神戸チキンジョージ

1998/10/07 神戸チキンジョージ

1998/10/05 神戸チキンジョージ

1998/10/4 神戸チキンジョージ

1998/09/29 クラブチッタ川崎

1998/09/29 クラブチッタ川崎

1998/9/28 クラブチッタ川崎

1998/9/26 クラブチッタ川崎

1998/9/9 SUBWAY EXPRESS

矢沢永吉 アルバム Only One についての考察

~ toshiya1048wp1 ~ コメントを残す

ONLY ONE

移動先: 案内、 検索

曖昧さ回避 この項目では、矢沢永吉のアルバムについて説明しています。その他の用法については「オンリーワン」をご覧ください。

『ONLY ONE』

矢沢永吉 の スタジオ・アルバム

リリース
2005年9月14日

ジャンル
J-POP
ROCK

時間
44分42秒

レーベル
Capitol Music/東芝EMI

チャート最高順位

4位(オリコン)

矢沢永吉 年表

横顔
(2004年) ONLY ONE
(2005年) ROCK’N’ROLL
(2009年)

『ONLY ONE』収録のシングル

1.「ONLY ONE」
リリース: 2005年8月24日

テンプレートを表示

『ONLY ONE』(オンリー・ワン)は、矢沢永吉の30枚目のアルバム。

内容[編集]
ソロデビュー30周年を迎えた矢沢永吉のアルバム。前作『横顔』から約1年ぶりのリリース。リリース日は自身の56歳の誕生日である。
初回盤には「ONLY ONE」のPV及びメイキングを収録したDVDが付いている。
2011年7月6日、本作のリミックスアルバムとなる『ONLY ONE ~touch up~』が発売された。同作品はリミックスのほか、「白い影」「GO FOR IT!(やっちまえ!)」の2曲がカットされ、また「Be somebody」と「面影」の曲順が入れ替わっている。

収録曲[編集]

全作曲:矢沢永吉
1.ONLY ONE 作詞:加藤ひさし
50thシングルであり、このアルバムの先行シングル
2.白い影 作詞:谷中敦

3.パンチドランカー 作詞:高橋研

4.トワイライトにひとり 作詞:加藤ひさし

5.欲望の嵐 作詞:高橋研

6.Sweet Winter 作詞:響真理奈

7.居場所 作詞:加藤ひさし

8.真昼 作詞:谷中敦

9.Be somebody 作詞:谷中敦

10.GO FOR IT!(やっちまえ!) 作詞:ちあき哲也

11.面影 作詞:響真理奈
シングル「ONLY ONE」のカップリング

自分はマイナス思考だ。

試合中はいつも最悪の事態を想定している。

ここで打たれたら?ここでもし怪我をしたら?ここで三振したら?ここでゲッツーだったら?

次は誰が行く?次はどの作戦で手を打つ?

いつもマイナスにマイナスに考えている。

だからなにがあっても動じない。

ホームラン打たれた。だろーな。よし、次は…。

ホームラン打ったよ。ラッキー。よし、次は…。

ただこれだけで済む。

自分が焦らないためにマイナス思考になってる。

けど、時々プラス思考になっている。

ホームラン打たねーかなー。三振とらねーかなー。ゲッツーとらねーかなー。

これが次の手を考えてない時。

次の手を考える必要がない時。

実際そんな時はない。けど、点差開いて、後はなにがあっても転ばねーだろーなーって時はそんな期待しながら試合を見てる。

時々楽観的になると、試合がまったく別物に見える時がある。

それはそれで面白い。

けど、結局、マイナス思考の部分が出てくる。

焦らない。焦ってる姿を見せたくない。

サングラス越しに選手を観察してる。

チームの選手のことは誰よりもよく見てるつもりだ 。

目線がバレないようにサングラスをかける。

それがマイナス思考。

見てても構わない。

けど、見てるところを見られたくない。

考えている。

けど、考えていることを悟られたくない。

俺の野球は誰よりも緻密で繊細だ。

次の一手がどーなるかは、俺の予想内でしか起きないようにしたい テイン エステク Kスペシャル ダウンサス タントカスタム LA610S SKD66-K1B00 取付セット アライメント込 TEIN S.TECH K-SPECIAL Sテク ダウンスプリング バネ ローダウン コイルスプリング【店頭受取対応商品】。

バントのサイン出しても成功するとは思ってない。

失敗したら次はこうだな。

成功したら打たせればいいだけ。考えなくてもわかる。

失敗した時を考えておかないと、いざ失敗した時焦るから嫌だ。

だから、常にマイナス思考。

それを選手達は怖いという。

怖くて結構。

楽観的な監督ほど怖くない存在はいない。

悲観的に物事を見ないとダメ。非情になれる時がないとダメ。

そんな立場の人間はマイナス思考でいいんだと思う

矢沢永吉 アルバム I love you,OK についての考察

~ toshiya1048wp1 ~ コメントを残す

1975年9月21日発表のソロ第1弾シングル『アイ・ラヴ・ユー、OK』A面に、また同日発表のソロアルバム『アイ・ラヴ・ユー、OK』B面最後の曲として、それぞれ収録。

1990年5月23日発表のシングル『PURE GOLD』2曲目に、ロサンゼルス録音のセルフカバー版「I LOVE YOU,OK -1990 version-」を収録。このセルフカバー版は、AXIAビデオイメージソングに採用された。

エピソード[編集]
もともとこの曲は矢沢が十代の頃に作曲し、上京前からずっと温めてきた曲である。
当初は矢沢自身による英詞が付けられていた。この英詞は、ライブアルバム『スーパーライブ 日本武道館』にて一部を聴くことができる。
デビュー前、バンド活動をしながらメンバーを模索していた時期に、見込みのありそうな者にこの曲を聴かせ、将来の夢を語っていた。
キャロル結成前、東芝EMI(現・EMIミュージック・ジャパン)にデモテープを持ちこみ、この曲を披露したものの、フォーク全盛の当時においては受け入れられず、結局デビューには至らなかった。
キャロル解散後、満を持してこの曲でソロデビューを果たす。しかし、叙情性の高いバラードがキャロル路線を期待したファンに拒絶されたため、当時の評価は低かった。シングルB面の「セクシー・キャット」の方が、キャロル時代に近い楽曲だった分ラジオなどのリクエストは多かったという。
1999年9月15日、横浜国際総合競技場(現・日産スタジアム)で行われた矢沢永吉50歳バースデーライブにて、この歌を歌っている最中に矢沢が感極まり、絶句してしまう場面があった。この模様はDVD『TONIGHT THE NIGHT!~ありがとうが爆発する夜~』にて見ることが可能。
ロバータ・フラックやギターウルフなど、多数のアーティストによってカバーされている。中でも2001年にギターウルフによってカバーされたものは、爆音サウンドで知られる同バンドながら楽曲はセイジの弾き語り形式となっている(ただしギターはやはり爆音)。
映画モヒカン故郷に帰る にてブラスバンドとしてこの曲が演奏される場面がある。 吹奏楽部コーチ田村治役(柄本明)、主人公の田村永吉役(松田龍平)の指揮のもと、部長・清水さん役として富田望生、部員の野呂清人役として小柴亮太、エキストラとして仁方中学校(広島県呉市)吹奏楽部の生徒8人と演奏された。撮影は同市の下蒲刈中学校、下蒲刈病院で行われた。劇中では冒頭に荘厳寺での演奏会、吹奏楽部の練習として下蒲刈病院の屋上から指揮を行い隣接する下蒲刈中学校屋上での演奏、息子であり主人公の田村永吉役(松田龍平)の指揮のもとアドリブで曲調を変えての演奏として合計3回演奏シーンがある。

収録作品[編集]

シングル[編集]
アイ・ラヴ・ユー、OK (1975年9月21日)
PURE GOLD (1990年5月23日) ※「I LOVE YOU,OK -1990 version-」を収録

アルバム[編集]
I LOVE YOU,OK (1975年9月21日)
スーパーライブ 日本武道館 (1977年11月21日) ※ライブ版
LIVE 後楽園スタジアム (1978年12月5日) ※ライブ版
The Rock 6.2.1980 NIPPON BUDOKAN LIVE (1980年11月28日) ※ライブ版
矢沢永吉全集 (1985年11月21日)
THE ORIGINAL (1990年10月31日) ※「I LOVE YOU,OK -1990 version-」を収録
E.Y 70’S (1997年10月1日)
LIVE DECADE 1990~1999 (2000年3月29日) ※ライブ版
ALL TIME BEST ALBUM (2013年5月15日)

矢沢永吉 アルバム A Day についての考察

~ toshiya1048wp1 ~ コメントを残す

『A Day』(ア・デイ)は、矢沢永吉の2枚目のスタジオ・アルバム。1976年6月21日発売 ルーミー 専用カスタムフロアマット (ラゲッジ用) クラッツィオ roomy るーみー m900 m910 高級感 くつろぎ 新車にオススメ カーペット ふかふか かわいい おしゃれ 水洗い ペット 子育て 荷室 トランク クラッツィオ トヨタルーミー ラゲッジマット。

概要[編集]
前作から9ヵ月ぶりのアルバム。発売日はコンサートツアー「33000 MILES ROAD JAPAN」の最中だった。
本作は前作と対照的に、矢沢自身によるセルフプロデュースで、参加ミュージシャンは全員日本人となり、録音もすべて国内で行っている。
本作収録の「トラベリン・バス」は、矢沢初のタイアップ曲となり、矢沢自身も初めて広告・CMに出演した[1]。

収録曲[編集]

全作曲:矢沢永吉、編曲:水谷公生
1.気ままなロックン・ローラー 作詞:西岡恭蔵

2.最後の約束 作詞:相沢行夫
2ndシングルのB面曲
3.トラベリン・バス 作詞:西岡恭蔵
ソニーラジオカセット「リズムカプセル9000」CM曲
4.親友 作詞:山川啓介

5.真夜中のロックン・ロール 作詞:矢沢永吉
2ndシングル
6.昼下り 作詞:相沢行夫

7.古いラヴ・レター 作詞:西岡恭蔵

8.六月の雨の朝 作詞:矢沢永吉

9.真赤なフィアット 作詞:西岡恭蔵

10.ディスコティック 作詞:相沢行夫

11.A DAY 作詞:西岡恭蔵

前作『アイ・ラブ・ユー、OK』とは打って変わってタイトなロックンロール・ナンバーの「真夜中のロックンロール」では珍しくも矢沢が作詞を手がけている。

ファンの間ではいまも人気の高いレパートリーのひとつである。

最近で歌われたのは2012年の【JAMMIN ALL NIGHT TOUR】(17曲目)である。

このシングル&アルバム・プロデュースは矢沢自身のプロデュースによるものだ。ソロ・アーティストとしてのデビュー盤だった前作は<トム・マック>のプロデュースによるものだったから、その意味ではこれが真のファースト・ソロ・シングルだと言えるかもしれない。

アレンジは<水谷公生>氏。エンジニアは本作以後も矢沢サウンドの要となる<吉野金次>氏である。

アルバム『A DAY』表ジャケット
アルバム『A DAY』表ジャケット

<シングル><アルバム>同様に、レコーディングは東京の六本木のCBS/SONYスタジオで行われた。

本作では<後藤次利>と<岡沢章>という2人の名ベーシストによる低音部のドライブ感が強調されている。

ふくらみもさることながら、随所で曲のアクセントとなるフレーズがベースによって生み出されている。

前作ではあえて抑制されていたロックンロールのうねりが、スッキリとしているのだ。

前作でのハリウッド・スタイルのドリーミィなオーケストレイションから一点して、このシングルでは<水谷公生>のアレンジによるソリッドなバンド・サウンドが基調になっているが、CAROL時代のロックンロールへと回帰したわけではなく、「ジャズ」や「ラテン」のエッセンスなども含めて、よりプロフェッショナルなアンサンブルが聴ける。

いまも人気の高いレパートリーのひとつである『トラベリン・バス』、矢沢自身の作詞・作曲によるこのシングル『真夜中のロックンロール』などはじめ、名曲の数々を収めたシングル&アルバムだが。

とりわけ「古いラブレター」「昼下がり」「親友」「六月の雨の朝」「A DAY」などミディアム~スロー・テンポのバラッドが目立つ。メロディ・メイカーとしての才能と<バラッド・シンガー>としての実力を改めて思い知らせた意欲作であり、プロデューサー、矢沢永吉の処女作でもあった。

作曲はもちろん全曲が矢沢自身によるものだが、シングル「真夜中のロックンロール」とアルバムに収録されている「六月の雨の朝」の2曲では作詞もみずから手がけている。

LP:『A DAY』A面
LP:『A DAY』A面

その他のアルバム収録曲の作詞は<西岡恭蔵>氏が5曲、<相沢行夫>氏が3曲、<山川啓介>氏が1曲をそれぞれ担当しているが、とりわけ「トラベリン・バス」や「A DAY」を書いた西岡恭蔵氏の歌詞が光っている。

センティメンタルなバラッドが多いせいか、ややメランコリックな印象を与えるアルバムでもあるが、それだけに「トラベリン・バス」や「真夜中のロックンロール」などのロックンロール・チェーンもひと際引き立ち、アルバムを聴き終えたあとの余韻を深く複雑なものにしている。

バラッドにしても、ロックンロールにしても、そのアレンジは決してワンパターンではなく、驚くほどカラフルな工夫が施されているところはプロデューサーの矢沢とアレンジャーの水谷の手柄だろうと思う。

ラスト・トラック「A DAY」でのポジティブな呟きがアルバムの印象をより力強いものにしている

矢沢永吉 アルバム The star in hibiyaについての考察

~ toshiya1048wp1【2本セット】 ダンロップ(DUNLOP) LEMANS V LM5 ルマン5 225/40R18 【代引不可】 送料無料 ~ コメントを残す

1976年7月4日、日比谷野外音楽堂にて行われた同名コンサートの模様を収録。前年には同会場でキャロルが解散コンサートを行っており、“ソロ”に転身して帰ってきた矢沢の凱旋コンサートとなった。

参加ミュージシャン[編集]
相沢行夫(ギター)
大森正治(ドラム)
ジェイク・コンセプション(ホーンセクション)
サディスティックス 高中正義(ギター)
後藤次利(ベース)
今井裕(キーボード)
高橋幸宏(ドラム)

ライブ・アルバム[編集]

『THE STAR IN HIBIYA』

矢沢永吉 の ライブ・アルバム

リリース
1976年11月21日

録音
1976年1月8日
中野サンプラザ
1976年7月4日
日比谷野外音楽堂

ジャンル
ロック
J-POP

レーベル
CBSソニー

プロデュース
矢沢永吉

矢沢永吉 年表

A Day
(1976年) THE STAR IN HIBIYA
(1976年) ドアを開けろ
(1977年)

テンプレートを表示

同年11月21日に発売されたライブ・アルバムで、矢沢がソロとなってから初のライブ盤となる。

コンサートでの演奏曲のうち、キャロル時代の作品はすべてカットされており、かわりに同コンサートでは演奏されていない「安物の時計」「キザな野郎」「夏のフォトグラフ」「ライフ・イズ・ヴェイン」の4曲のライブ音源が収録されている(同年1月8日の中野サンプラザ公演より収録[1])。

収録曲[編集]

全作曲:矢沢永吉

DISC 1[編集]
1.恋の列車はリバプール発 作詞:相沢行夫

2.セクシー・キャット 作詞:相沢行夫

3.トラベリン・バス 作詞:西岡恭蔵

4.キャロル 作詞:相沢行夫

5.最後の約束 作詞:相沢行夫

6.奴はデビル 作詞:西岡恭蔵

7.気ままなロックン・ローラー 作詞:西岡恭蔵

8.サブウェイ特急 作詞:松本隆

9.雨のハイウェイ 作詞:相沢行夫

10.アイ・ラヴ・ユー、OK 作詞:相沢行夫

DISC 2[編集]
1.真夜中のロックン・ロール 作詞:矢沢永吉

2.ディスコティック 作詞:相沢行夫

3.ウィスキー・コーク 作詞:相沢行夫

4.恋の列車はリバプール発
5.A DAY 作詞:西岡恭蔵

6.安物の時計 作詞:松本隆

7.キザな野郎 作詞:相沢行夫

8.夏のフォトグラフ 作詞:西岡恭蔵

9.ライフ・イズ・ヴェイン 作詞:西岡恭蔵

DVD[編集]

『THE STAR IN HIBIYA』

矢沢永吉 の DVD

リリース
2001年11月21日

録音
1976年7月4日
日比谷野外音楽堂

ジャンル
ロック
J-POP

レーベル
東芝EMI

矢沢永吉 年表

THE FILMS
(2001年) THE STAR IN HIBIYA
(2001年) EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR Z 2001
(2002年)

テンプレートを表示

ライブから25年後に初の製品化[脚注 1]。アルバム未収録のキャロル楽曲が収録され、かわりにアルバム追加収録の中野サンプラザ公演での4曲はカットされている。

収録曲[編集]
1.OPENING
2.恋の列車はリバプール発
3.セクシー・キャット
4.トラベリン・バス
5.キャロル
6.最後の約束
7.奴はデビル
8.気ままなロックン・ローラー
9.サブウェイ特急
10.雨のハイウェイ
11.夏の終り 作詞:矢沢永吉

12.アイ・ラヴ・ユー、OK
13.真夜中のロックン・ロール
14.カモン・ベイビー 作詞:矢沢永吉

15.ズッコケ娘 作詞:矢沢永吉

16.ディスコティック
17.ウィスキー・コーク
18.ファンキー・モンキー・ベイビー 作詞:大倉洋一

19.ルイジアンナ 作詞:大倉洋一

20.恋の列車はリバプール発
21.A DAY
22.CLOSING(ひき潮)

脚注・出典[編集]

脚注[編集]

1.^ ただし「サブウェイ特急」「気ままなロックン・ローラー」「ディスコティック」「ファンキー・モンキー・ベイビー」「恋の列車はリバプール発」の5曲は、1984年9月25日発売のVHS『矢沢永吉ヒストリー』に収録されている。

矢沢永吉さんが1976年にリリースした、ソロとしての初のライブ盤「THE STAR IN HIBIYA」です。

カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 YOKOHAMA ADVAN dB V552 ヨコハマ アドバン デシベル サマータイヤ 195/65R15 MANARAY SCHNEDER シュナイダー DR-01 ホイールセット 4本 15インチ 15 X 5.5 +45 4穴 100










YOKOHAMA デシベル静かなコンフォートタイヤ
トヨタカローラアクシオE141/06年10月~12年5月 -B063-
トヨタカローラアクシオE142orE144/06年10月~12年5月 -B064-
トヨタカローラフィールダー140系 06年10月~12年5月 -B067-

ホイールメーカー
MANARAY
ホイール名
SCHNEDER シュナイダー DR-01 ホイールセット 4本 15インチ
ホイールサイズ
15 x 5.5 インセット 45 4穴 100
ホイールカラー
ブラックポリッシュ+ダークブルークリア
ホイール商品紹介
シュナイダーディーアールゼロワン
色系統: ブラックポリッシュ
タイヤメーカー
YOKOHAMA
タイヤパターン
ADVAN dB V552 ヨコハマ アドバン デシベル サマータイヤ
タイヤサイズ
195/65R15 91 H
タイヤ商品紹介
ヨコハマ アドバン デシベル V552
静かな タイヤ
タイヤ種別
サマータイヤ
備考

■4本セット価格です

■ 送料無料 です(北海道・本州・九州)
沖縄等の離島は別途中継手数料をお見積りします。 

■ お届け後 直ぐに使えます( セット 販売 )
組付け、エアー充填、バランス調整後に
お引渡し(発送)致します。

■ 別途取り付け用ナットが必要です。
純正ナットは全てご使用になれません
但し下記の場合は除きます。
(欧州車の場合)
ホイール商品紹介欄に
(純正平面座ナットをお使い下さい)と
記載があり、純正ナットが平面座の場合)

■ チッソガス 充填無料。
当社での組みつけのタイヤ ホイールセット
購入の場合はチッソガスを充填致します。
但し N2 刻印エアーキャップは付属しません
通常のエアーキャップを付属します。

■ ご購入後の商品の変更、返品、交換は
できませんので予めご了承下さい。

■ ご注文の際には マッチング 確認の為、
車種名、型式、グレード、
純正タイヤサイズ、ノーマル車高、ローダウン等
お車情報の詳細をご連絡ください。

■ 掲載している商品画像はイメージです。

■ ホイール サイズ や インセット サイズなどにより、
リム 幅やセンター部の落とし込み部分の寸法が
異なります。
画像イメージと商品現物の相違による返品、
交換は一切お受けできません。
■ 新品 アルミホイール 新品 タイヤホイール 専門店 ホイル付き 4本セット ホイール付き
【15インチ】タイヤホイール4本セット。

お問合せは
株式会社タイヤスクエアミツヤ
繁忙期につき
商品ページ毎の"商品についてお問合わせ”から
お問合せください、お電話でのお問い合わせはご遠慮ください
定休日 日曜日
●●偽サイト・不正コピーサイトに注意●●
悪質な(偽サイト・コピーサイトにご注意ください)
現在ご覧頂いているアドレスが商品画面では、
https://item.rakuten.co.jp/tireshop/商品番号/
現在ご覧頂いているURLが、上記以外で
あれば偽サイト・不正コピーサイトです。

。 このアルバムは、前年に発売した初のソロアルバム「I LOVE YOU, OK」をリリースし、この年の6月21日にリリースされたセカンドアルバム「A Day」の時のツアー時に行われたライブです。

前年の1975年4月13日にこの日比谷野外音楽堂でキャロルが解散し、 ソロとして再出発をした矢沢永吉さんにとって特別な意味を持つこのライブでは、 通常のツアーメンバーに加えて、 やはり前年にサディスティック・ミカ・バンドが解散し、 再出発することになったサディスティックス(高橋幸宏さん、高中正義さん、後藤次利さん、そして今井裕さん) も参加したプレミアムなライブとなりました。

サディスティック・ミカ・バンドはやはり前年に解散した矢沢永吉さんのバンドのキャロルと とツアーで日本全国を廻っていたそうです。

この日のライブ映像は過去にビデオやLDなどに収録されていましたが、2001年11月21日に発売されたDVD「THE STAR IN HIBIYA」にはこの日のライブが全20曲収録されています。