【送料無料】 215/60R16 16インチ WEDS ウェッズ ザミック ティート 6.5J 6.50-16 PIRELLI ピレリ チンチュラートP6 サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション海外アウトレット店

会社案内  サイトマップ  プライバシーポリシー

トップ > 無線LANよろず講座 > 無線LANのチャンネルの割り当て方

【送料無料】 215/60R16 16インチ WEDS ウェッズ ザミック ティート 6.5J 6.50-16 PIRELLI ピレリ チンチュラートP6 サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション日本オンラインストア

【送料無料】 215/60R16 16インチ WEDS ウェッズ ザミック ティート 6.5J 6.50-16 PIRELLI ピレリ チンチュラートP6 サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーションアウトレット通販

2013.02.24

無線LANを利用する場合、2.4GHz帯と5GHz帯を利用する事ができます。

・2.4GHz帯利用の場合

2.4GHzで使える規格は「IEEE802.11b」「IEEE802.11g」です。

2.4GHzで使えるチャネルは、IEEE802.11bの場合は1CHから14CHで、IEEE802.11gの場合は1CHから13CHです。

それぞれ使えるチャネルは14個と13個ありますが、同じチャネルを使うと干渉によって速度が低下するなどの問題が発生します。さらに各チャネルは5MHzずつ離れており レガシィツーリングワゴン(03.5~09.5)BP5 TURBO 2.0GT-II■アクレブレーキパッド フォーミュラ700C リア左右セット■適合詳細要確認■後払い・代引き不可■、指定されたチャネルで無線LANによる通信を行う場合は 、中心周波数から両側に11MHzの幅で合計22MHzの幅を使って通信を行う為、隣り合うチャネルとは干渉しあいます。

そこで、2.4GHz帯を使って無線LANを使う場合は、それぞれのアクセスポイントの周波数が重なり合わないように、「1・6・11(14※)」、「2・7・12」、「3,8,13」のように5CHずつ離して、割り当てていく事が一般的です。

※      IEEE802.11bの場合は14chだけが少し離れていますので最大4個使う事が可能です。

 

 

・5GHz帯利用の場合

5GHz帯を利用する場合、IEEE802.11aのW52で36・40・44・48の4つのチャネル、W53で52・56・60・64の4つのチャネル。W56で100・104・108・112・116・120・124・128・132・136・140の11個のチャネルが使用できます。

IEEE802.11aの場合にはそれぞれのチャネルの周波数が重ならないような仕様になっていますので 【58687-89】ロワーフェアリング・グローブボックス(左側) ハーレー純正パーツ、隣接チャネルを割り当てても干渉する事はありません。

 

5GHz帯の周波数は省令により、屋外での使用が禁止されていますが、W56のチャネル帯のみ屋外での使用が可能ですが、W53とW56にはDFSとTPCの機能が実装される事が必要です。

DFS(DynamicFrequencySelection)

 気象レーダーの干渉波を検出した場合 14インチ サマータイヤ セット【適応車種:ミラ カスタム(L275、285系)】MLJ MLJ エクストリームJ ホワイトポリッシュ 4.5Jx14エナセーブ EC202L 155/65R14、ダイナミックにチャネルを変更する機能。

TPC(TransmitPowerControl)

 干渉を回避する為無線の出力を低減させる機能。

この機能により ポッシュ POSH レーシングアンダーカウルキット エイプ100、エイプ50、XR50モタード 白 295173 JP店、設計上で、W53とW56のチャネルをスタティックに割り当てると、予期せぬチャネル変更や、停波(アクセスポイントが電波を出さない状況になること)することがあります。

特に窓際に設置したアクセスポイント等は、わたしたちの経験の中でも、よく停波している事があります。また、屋内の割と奥まった所にアクセスポイントを設置すると気象レーダーによる影響は受けにくいのですが、国内のある空港に近い地域では頻繁にTPC機能により停波を起こす事例がありました。

 

・IEEE802.11nを利用する場合

前項までは2.4GHz帯はIEEE802.11b/g、5GHz帯はIEEE802.11aのような説明となりましたが、IEEE802.11nでは2.4GHzと5GHzの両方の周波数帯を使う事ができます。

IEEE0802.11nを使う最大のメリットはやはりなんといっても伝送速度が最大600Mbpsであることでしょう。

この高速化を実現可能としているのは アウテックス OUTEX.R-S (S/O) スリップオンマフラー SM450R、チャンネルボンディング、MIMO、フレームアグリゲーションといった複数の技術の組み合わせです。

このうちチャンネルボンディングはIEEE802.11aやIEEE802.11b/gでは使用する帯域幅が20MHzしかありませんでしたが、チャンネルボンディングでは隣接するチャネルを束ねて40MHzとすることで、高速化を図っている為に同時に使用できるチャネルに制限が出来てしまいます。

2.4GHzを利用する場合は、選べるチャネルは2つ、5GHzを利用する場合は9つとなります。

またIEEE802.11nで40MHzを使用する場合は、

RX-7 / FD3S サイドスカート ver. GTMAbflug MiJ

、5GHz帯の利用を強くお勧めします。理由としてはただでさえ干渉が発生しやすい2.4GHz帯で広い帯域を使用する事は、、近くのアクセスポイントに干渉による多大な影響をもたらすからです。

東京

東京都港区海岸1-2-3

東京都江東区森下3-10-23

仙台

宮城県仙台市太白区根岸町6

京都

京都市下京区高槻町346-1F

大阪

東大阪市西石切町4-1-39

広島

広島県広島市西区商工センター8-2-7

 

札幌・仙台・東京・静岡・名古屋・京都・大阪・広島・福岡・沖縄

<全国一斉機器設置可能>

<24H365Dサポート体制可能>

電話による問合せ [全国共通]

トップ
無線LANについて
無線LANとは
家庭用・企業用違い
無線LANの電波調査

・サイトサーベイとは

・当社が選ばれる理由

・サイトサーベイの流れ

サービス
無線LAN新規導入
無線LAN障害調査
WiFiスポット構築
デリバリーサービス
法人向け 無線LANレンタル
WiFiマーケティング
拠点間無線LAN通信
無線LAN統合管理 UNIFAS専用 クラウドサーバー
製品・技術紹介
AirMagnet(エア・マグネット)
ACERA800STのご紹介
Meru Networks アクセスポイント・コントローラシリーズ
無線LAN対応ハンディターミナル「finpad」
無線バックホール方式アクセスポイント QX-C300
極小エリア限定(LCX)
SNS認証!CoolBee(クール・ビー)
漏洩同軸ケーブル(LCX)
クラウド統合管理 ASPサービス
ソリューション事例
無線LANでWEB認証を実現する
ホテル・旅館の利用
大学・専門学校の利用
工場・倉庫の利用
お問い合わせ
お問い合わせフォーム
サイトサーベイのお見積り
ビジネスパートナー企業募集
ファイル送信
{yahoojp} {musenlan.biz}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-77481